スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

医師の診断書から検証する監禁時の食事制裁(2)

先回の記事で一心病院の小出医師の診断書を取り上げた。
今回は、別の医師の診断書を取り上げることにする。
まずは、一心病院有田医師による診断書
<甲2_一心病院有田Dr.診断書
日付は平成20年4月2日、つまり後藤徹氏が解放されてから52日後のものである。

診断
  全身筋力低下
  廃用性筋萎縮(特に両下肢)
  栄養失調


廃用性筋萎縮というのはあまりききなれない病名であるが、是非リンク先を開いて確認していただきたい。

医療関係者に聞いたところ、主に高齢者に見られる所見だそうである。
後藤氏のような40代の男性には大変珍しいそうだ。

また、最初に述べたように左記の診断書は、後藤氏が解放されてから52日もたってからのものであるが、両下肢の関節痛、筋肉痛の症状がまだ残っていて、完全に回復したとはいえない状態である。

後藤氏はまさに火事場の馬鹿力で、荻窪フラワーホームから渋谷区松涛の本部教会まで歩き、見事生還を果たした。

長期の監禁状態に置かれた後藤氏にはあまりにも過酷すぎる。その無理がたたってのことだろうか?




次に北里大学病院宮崎医師の診断書を紹介する。
甲3_北里大学宮崎Dr.診断書


平成20年4月4日のものである。


病名 貧血
長期栄養不良からの回復期にあると考えるが貧血の改善は今のところ認められておらず本日ヘモグロビン10.5g/μであった。

消化器からの明らかな出血がなさそうなことから、長期に及び極端な摂取不良による栄養障害が原因として考えられる。またそれに加え吸収障害(胃炎)も重なっている可能性もある。(以下余白)


この診断書にははっきりと長期栄養不良からの回復期という文言が記載されている。









以上、二人の医師の診断書を取り上げた。
尚、あえてこちらからは、これ以上コメントはしない。
このブログの読者の皆さんには是非、これらの診断書からどのようなことが読み取れるかを考えていただきたい。
2011-09-28(Wed)
 
もう一つの診断書があった?!後藤代表の食事制裁を否定する反対派
☆後藤代表の一心病院からの診断書☆ 昨日、拉致監禁by宮村の裁判記録がアップされていました。 医師の診断書から検証する監禁時の食事制裁(2) 是非、読んでいただければと思いますが、 今回は、二つの診断書が掲載されています。 後藤代表が拉致監禁から解放され…
[いつも私のとなりに神さま]  2011-09-29 09:43

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱ食事制裁あったんじゃね 

長期栄養不良からの回復期って書いてあるってことはよ~

やっぱ食事制裁があったんじゃね?

俺の単純な頭で考えるとそういう結論しか出てこねーべ


まあ、俺は頭が悪いからよ~
これでも食事制裁がないっていえるなら、教えてくれや~

ただ何度もいうけど、あったま悪いからよ~高級文学ってのは理解できね~


2011-09-29 08:09 | たま | URL   [ 編集 ]

これって 

傷害事件じゃねえのか?

下手したら、傷害致死。

いや、未必の故意の殺人。

こえ~。

そこまで家族を追い込む宮村洗脳術が。
2011-09-29 22:19 | 元信者の春 | URL   [ 編集 ]

食事制裁 

後藤徹さんの場合、特に荻窪フラワーハイツでの10年間の監禁それに抗議すろ為のハンガーストライキかつ、運動不足狭い室内制限された空間。当然動ける範囲は、制限されます。断食を終了しても家族から食事制裁を受けた。豊富な栄養なんて取れるはずありません。家族は、たいした運動してないのだから摂取カロリーは、妥当との事言ってたけれどそれでは、監禁していた家族の食事内容はどうか?監禁してる方も、狭い室内なら後藤さん同様少ない食事内容低カロリーだったか?後藤さんに、粗末なもので虐待しておいて家族はどんな豪勢な食事だったのと、考えてしまいます。拷問だったはず。
2011-09-30 06:10 | 小川寿夫 | URL   [ 編集 ]

No title 

茉莉ちゃんの大大先輩に、江姉様って、と~っても素敵な方がいらっしゃるのです~。
江姉様に、このブログの話しをしたら、「あら~、私も遊びに行ったことあるわ~。」って。

茉莉ちゃんの世界も狭くなったものね~。

で、江姉様曰く
「宮村って人、秀吉に似てるのよ~。」って。
女をくどいて手を出すだけでなく、こんなところも~って。
お姉様が↓のサイトを紹介してくれたわ。

http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_2_a.html

不思議館~城にまつわる呪われた話~

あっ、そうそうたまちゃんが高級文学がわからない、と言っていたから、有田のお兄様に、こっそりそ~っと背後から囁いてあげたわ。
「徹様の食事制裁がなかった、と言うなら、高級文学知識はひけらかさない方がよくってよ~。」

今ごろ、背筋がぞ~っとしていて、風邪薬を飲んでいるかも~。



米本のお兄様

今回もつまんなくて、ごめんね。
2011-10-02 01:24 | ジャスミンの茉莉ちゃん | URL   [ 編集 ]

思い出すの~ 

茉莉殿
久しぶりでございますな~

茉莉殿の投稿を読んで久しぶりにあの"さるめ"のことを思い出しましてござりまする。

あの兵糧攻めはまっことむごい事でございました。

秀吉は血も涙もない男でござったが、その割には女子には目がなかったの~

あの猿のような顔で、私の姉上をたらしこんで・・・。

口惜しゅうございます。

徹殿もご苦労であったな~

頑張ってくだされ~

私もあちらでは、将軍家初代御台所として忙しくしておるが、応援しておるぞ・・・・

とはいえ、あまり将軍家のご威光を振りかざしても、現世ではドン引きされてしまうのじゃそうだな

静かに応援しておるぞ・・・。



2011-10-02 08:38 | 江 | URL   [ 編集 ]

兵糧攻めか~ 

江さんの登場には、ビックらこきました。
遠くから、ありがとうございます。
しかも、サイトまで紹介してくださって。これが本当の霊界通信?

話しをテーマの「食事制裁」に変えまして。

たまさん、小川さんの言うように、食事制裁はあったのでしょう。
3回目の断食後の食事内容、後藤さんの写真、診断書見れば証明は不可能ではないはずですが。
kokoroさんが自分のブログで以前、あ~だこうだ、言ってたけど、よく読めばおかしいです。(どこがおかしいかは、な~いしょ。)

只、痛いのは、食事内容を第三者が証明できないこと。

何せ、後藤さんとファミリーの密室だから。

そこをどうするか?

藤本弁護士、お願いします。
2011-10-03 08:28 | koyomi | URL   [ 編集 ]

物的証拠 

<長期に及び極端な摂取不良による栄養障害が原因として考えられる。またそれに加え吸収障害(胃炎)も重なっている可能性もある>

食事を摂取できないで、胃炎を患った人が外にも出ず、病院にも行かない…。
こんなことはまず考えられない。

明かに、密室における食事制裁だ。

蛇の生殺しに近い虐待。

ドラマの見過ぎかもしれないが、日本の鑑識がこの事件に着手するなら、後藤徹さんが床に押さえつけられた唾液の跡とか、窓等に体当たりした時の痕跡とかを調べ上げるに違いない。

たとえ、加害者のすべてが黙秘権を行使しようと、カーペットや壁紙を貼り替えたとしても。日本の鑑識なら、証拠を見つけ出すに違いない。

密室で虐待し、証拠を隠滅するような連中をのさばらしておくわけにはいかない。

心から、物的証拠が出てくることを祈っています。
2011-10-07 17:42 | みんな | URL   [ 編集 ]

家族だったら 

個人情報、守秘義務に関わることなので、詳しくは書けませんが、少しだけ重なる事例を保健師から聞いたので、紹介しておきます。

1人暮らしの70代男性。アルコール依存症。妻子はいたが、関わりは一切拒否されていた。
ヘルパー、訪問看護師が入り、援助していたが、ある時期から生きる気力を全くなくし、食事を全く摂らず、お酒だけを飲んでいた。そんな生活を続けていたので、体が動かなくなり、衰弱していった。
勿論、その前からヘルパー、訪問看護師、保健師は病院に行くよう、食事を摂るよう勧めていた。しかし、本人は断固拒否。救急車も本人が呼ぶな!と言う。
それでもこのままにはしておけないので、往診医に状態を診てもらい、即入院の指示が出た。しかし、往診医が言っても本人拒否。2度目の往診の時、唯一関わりを拒否しなかった親戚に同意してもらい、ようやっと救急搬送で入院。
救急搬送された病院で、「何でこんな状態になるまで病院に連れて来なかったんだ。ケアマネや訪看は何をしていた!」と医者が言ったいたそうだ。

後藤さんはアルコール依存症ではないので、この事例と並べられると不愉快かもしれません。

でも、もし後藤さんが自らの意思で引きこもり、ご飯を少ししか食べられずに痩せていったとしたら、若干重なるところがあります。(もし、ですからね。)

後藤さんは上の男性と違い、家族と一緒にいました。ヘルパーや訪問看護師と違い、四六時中一緒にいて食事したかしないかきちんと見極めることができます。
44歳男性が引きこもって、食事も殆ど摂らず痩せていく・・
一緒にいる家族ならどうするでしょう?

職業とはいえ、家族でない第3者が必死で何とかしようと上の男性に働きかけました。
まして一緒に暮らしていた家族だったら、病院に連れていこう、何とかしようとすると思うのですが。

もし、これが統一教会と無関係の単なる引きこもり青年におこったことだったら、「何で、家族はここまで誰にも相談しなかったのか?」と殆どの人が疑問視すると思います。
2011-10-08 12:02 | 元missM | URL   [ 編集 ]

アクセスカウンター
プロフィール
拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会
世話人:宿谷麻子 <2012年10月15日逝去>
(強制脱会者)
世話人:koyomi
(強制脱会者)
世話人:小川寿夫
(自主脱会者)
世話人:yama
(強制脱会説得体験者。教会員)

連絡先:gotosaiban-contactus@yahoo.co.jp

応援のクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
重要なお知らせ

当ブログはリンクフリーです。
 

最新記事
最新のコメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。