スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

食事内容について、栄養士への照会と回答ーあの食事を1年2ケ月続けたら、どうなるか?

今回は、食事制裁中の食事内容について管理栄養士に問い合わせた照会と回答をアップ致します。

管理栄養士へは、裁判の証拠として使用することは伝えられてますが、裁判の内容については伝わっていません。
それゆえ、予断ない栄養士としての専門的知見のみで回答されています。

興味深いのは、解放前の食事を1年2ケ月続けたらどうなるか?についての回答です。

後藤徹氏の兄、妹、兄嫁から提出された準備書面(1)では、警察病院の管理栄養士が下記のように語っています。
栄養失調の点についで東京警察病院の管理栄養士によれば,後藤家での食事は,必要カロリーからは不足しているが,基礎代謝が著しく低下していると思われるので,外出せず,運動量が少なかったこと等から消費カロリーが通常より少なかったとすれば,直ちに健康を害するほどのカロリー不足だったとは思われない。

果たして、本当に健康を害するほどのカロリー不足ではなかったのでしょうか?

※今回も、引用、解説は青字で記載させていただきました。
※照会書、回答で特に強調したい部分は、太字としました。
甲140号証の1

照会書

平成24年10月25日

■■■栄養専門学校
■■■ 先生

東京都千代田区麹町4丁目3番地
麹町MKビル5階 
福本総合法律事務所
弁護士 福本修也

下記事項につき意見を賜りたく照会致します。



(1)照会事項

下記A~Cの食事内容で一日に摂取できるカロリー数・摂取栄養量
<A~Cは、30日断食後、後藤徹氏が家族から提供された食事内容です。>

A:直径7㎝深さ5㎝の小鉢に7分程度の重湯×3回,水で希釈したポカリスエット500cc×2回
<2006年5月~7月10日頃までの70日間>

B:(a)直径11㎝深さ6㎝汁椀に重湯+同容器に薄い味噌汁 3食

(b)(a)と同じ容器で三分粥+豆腐入り味噌汁 3食
(c)(a)と同じ容器で七分粥+豆腐・野菜入り味噌汁 3食

<2006年7月10日頃~12月頃の約5か月間 a→b→cと移行>


C:朝食:6枚きり食パン1枚に青汁1杯

昼食:胚芽米ご飯1杯と味噌汁1杯(味噌汁の具は日によって違うが
①ニンジン、キャベツ、ジャガイモ、大根、カボチャなど野菜
②エノキ、椎茸、エリンギなどのキノコ類
③さつま揚げ、魚肉ボール、ちくわ等を2×2㎝ほどに切断したもの4~5きれなどのバージョン有り),
味付けのり(4×7㎝)4枚,漬け物と小魚少々,梅干し

夕食:胚芽米ご飯1杯,味噌汁1杯,キャベツ,ニンジン,大根などの漬け物,小エビ少々,納豆(1パック40~50g),昆布佃煮

→昼食・夕食のおかずについては添付の再現写真参照のこと



Hirt
Yoru
<2006年12月頃~2008年2月10日の約1年2ケ月>


(2)照会事項2

上記(1)のカロリー数算出等結果と成人男性の所要カロリー量・摂取栄養量と比較並びに管理栄養士としての上記食事内容に対する見解。


(3)照会事項3

(1)Cの食事を1年2ケ月間続けたとした場合に如何なる問題が生じ得ると予想されるか。

注)本照会に対する回答は現に係属中の民事裁判の証拠として使用する予定ですが,一切の予断を排除するため,事件名及び事件内容についてはお伝えしません。
上記指定条件をもとに専門的知見に基づいて見解を賜れば幸いです。




甲140号証の2

照会回答につきまして

平成24年11月1日

福本 修也 様

■■■栄養専門学校
管理栄養士 ■■■



1.照会事項1

栄養士からの返答③


2.照会事項2

カロリー算出と成人30歳・男性所要カロリー量との比較、管理栄養士として食事内容に対する見解

Aは・・1日のエネルギーは約240kcalでした。(水分と炭水化物が主な栄養摂取の目的と思われます。)

ご飯
<240kcalのご飯の量(150g)です。普通のご飯茶碗の7~8割盛り位でしょうか。このご飯1杯で1日を過ごした日が70日継続しました。>

成人一日当たりのカロリー(エネルギー)が約10.4%のみで不足しています。
<成人男性の一日に必要な2300kcalに比べ、約1割の食事しか与えられていませんでした。>
また特にたんぱく質、ミネラル、ビタミンが不足しています。
<たんぱく質は成人男性一日60g必要ですが、後藤さんは1.5gしか摂取していませんので、必要量に比べ、2.5%しか摂取していませんでした。>

B(a)・・・1日のエネルギーは183kcalでカロリー(エネルギー)が約7.9%です。
B(b)・・・1日のカロリー(エネルギー)が約8.4%です。
B(c)・・・1日のカロリー(エネルギー)が約19%です。

基礎代謝量とは、生命を維持していく上で最低限のエネルギーです。
エネルギー1530kcal(エネルギー確保には、たんぱく質、脂質、炭水化物で摂取が必要)となります。

参照基礎代謝量の計算

*B(a)(b)はとても栄養量が少なく、健康の維持に問題が生じる可能性があります。
B(c)は7分粥となり、米のでんぷんにより、生命維持に必要なブドウ糖が増加しています。

*味噌汁の具によって、栄養量が変わりますが、全体として健康状態の維持には、他に魚、肉、卵、大豆製品などのたんぱく質、植物油などの脂質、海藻やきのこ、野菜などのビタミン、ミネラルなどの摂取のため、種類を増やす必要があります。

<前回ブログ記事で、Aを327kcal、B(b)を319kcalとサイトを参考にして紹介しましたが、実際はAは240kcal、B(b)は195kclと更に低カロリーだったのです。

3.照会事項3

*エネルギーが成人1日当たりのカロリー(エネルギー)が1035kcal,1日の栄養基準割合は約45%です。
*1日のたんぱく質41.8g、栄養基準割合は約70%になります。

①エネルギー、たんぱく質はあと20%位多く必要です。
(生命維持に必要なエネルギー確保が必要です。)

味噌汁などの汁の具によりますが、食べられる食材を増やしてみると良いでしょう。

②青汁は種類とメーカーにより、栄養量が違うので確認が必要。

③カルシウム、鉄は煮干しなどで栄養量近くになっています。

ビタミンと脂質の不足が考えられます。
ビタミンA欠乏・・・発育遅延や伝染症、呼吸器病に対する抵抗力、乾燥性眼炎・夜盲症
ビタミンB群欠乏・・・消化不良、体重減少、心肥大、脚気、皮膚粘膜の炎症、貧血
ビタミンC欠乏・・・壊血病、皮下出血、骨形成不全、病気の抵抗力、細胞結合が弱まることも言われる。
肝臓病や貧血予防、腸内粘膜保持などに影響があります。

⑤1日の脂質量の20%程度の摂取不足です。


消化器の手術をした人の病院での食事と後藤さんの30日断食後の食事を比較してみましょう。
<参照:
手術後の病院食の国際比較

日本の消化器の手術後は、重湯→3分粥→5分粥→7分粥→全粥→常食(普通食)と進みます。
1ステップ1日~2日ですので、10日~2週間で重湯から普通食に移行していきます。

下は、「手術後の病院食の国際比較の日本の病院食の写真」より引用しました。

消化管術後の食事①

消化管術後の食事②

消化管術後の食事③

消化器手術後の食事と比べ、カロリー、たんぱく質、脂質の摂取量が後藤さんの食事はかなり少ないです。


Cを1年2ケ月続けた場合の問題点

カロリー(エネルギー)、たんぱく質不足

・低栄養状態による体重減少、筋力低下により全身の筋肉組織が衰えます。

後藤徹氏衰弱写真

血管はもろくなり出血傾向になることがあります。免疫が弱まり、体の抵抗力が落ちてしまいます。



・また、赤血球の成分であるヘモグロビンが不足し、貧血、頭痛、肩こりなど、慢性疲労になる可能性もあります。

脂質、コレステロールの接種不足

細胞膜の材料になっているため、低すぎると血管壁に栄養が補給されず、弾力性が衰えて脳出血へとつながることもあります。

ビタミンの不足

貧血、皮下出血、腸内粘膜異常などの傾向が強まる可能性がある。


次回は、後藤さんを実際に診察した3名の医師の意見書、診断書、報告書をアップ致します。
栄養士がCの食事を1年2ケ月続けたらこうなると記載した内容と比べて読んでいただけたらと思います。



これからも後藤徹氏の応援をよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村


20140408183245f8c[1]



2014-05-12(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

一部加筆、修正しました。 

アップした記事がわかりにくいという指摘がありましたので、加筆、修正させていただきました。

そのため、一時、記事を非公開にさせていただきました。
非公開中にアクセスした方には、ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした。

照会書、回答書の強調部分を赤字太字にしていたのですが、太字のみとしました。

解説(青字部分)を増やしました。

他にわかりにくい点がありましたら、ご指摘お願い致します。
2014-05-12 22:34 | 世話人X | URL   [ 編集 ]

とても感謝です。 

 証拠を、わかりやすい解説付きでアップしていただき、ありがとうございました。

 後藤さんが訴えていた食事制裁の内実をすべて理解することができました。

 火の粉ブログの後藤インタビュー3(末尾の囲み記事)で、取り上げました。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-469.html#more

 後藤さんが食事のことで、「殺意を感じた」のがリアリティをもって理解することができました。感謝です。
2014-05-13 18:29 | 米本 | URL   [ 編集 ]

生かさず殺さず 

世話人Xさんが紹介してくださった刑務所の食事を見ましたが、徹さんの与えられた食事の、なんと粗末なこと。
栄養を与えよう、元気になってもらおう、という発想がかけらもない。
生かさず殺さず、のエサですね、あれは。

・肝臓病や貧血予防、腸内粘膜保持などに影響があります。
・血管はもろくなり出血傾向になることがあります。
・免疫が弱まり、体の抵抗力が落ちてしまいます。
・脳出血へとつながることもあります。
・貧血、皮下出血、腸内粘膜異常などの傾向が強まる可能性がある。

めちゃくちゃ体にダメージを与えているじゃないですかぁ~。
どれ一つとっても深刻なダメージです。
徹さんの寿命を縮めたことは間違いないですね。
ここまでやったら、犯罪ですよ。

兄嫁がどのような体型で、どんな食生活をしているのか知りませんが、同じメニューの食事の生活をしばらくやらせてみたい。
自分たちが一体、どんなに非道なことをやったのか、体感させたいですね。

まあ、こんなことを書いても、実現しないでしょうから、虚しいですが、自分の否を認めない兄嫁たちの改心を心から願います。
2014-05-15 08:36 | みんな | URL   [ 編集 ]

アクセスカウンター
プロフィール
拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会
世話人:宿谷麻子 <2012年10月15日逝去>
(強制脱会者)
世話人:koyomi
(強制脱会者)
世話人:小川寿夫
(自主脱会者)
世話人:yama
(強制脱会説得体験者。教会員)

連絡先:gotosaiban-contactus@yahoo.co.jp

応援のクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
重要なお知らせ

当ブログはリンクフリーです。
 

最新記事
最新のコメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。