スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

最終弁論傍聴記ー被告たちは皆元気がなかった〜

昨日の最終弁論のご報告と今後のことをお伝えします。

傍聴希望者はざっと50人くらいでした。傍聴希望者のほとんどが傍聴できたと思います。

原告、被告側、当事者と代理人は松永堡智牧師を除いて全てそろいました。
最終準備書面提出期限は、本日の最終弁論日から2週間前だったそうですが、またまた被告松永の代理人からの提出が遅れ、本日(最終弁論当日)の早朝に最終準備書面を送付していたそうです。

いつものように双方の提出書面の確認が終わると、裁判長は「これで、弁論を結審いたします」と宣言され、その後、判決日が言い渡されました。

判決の日時は・・・・
12月17日(火)午後1時30分。場所は709号法廷

これだけの事件なのに意外に早いな~、と言うのが率直な感想です。

傍聴席から見た原告、被告側の様子は・・・
特に被告側の人達がなぜか元気がない、お疲れのように見えました。
被告側の人達がなぜか、自信なさげに見えたのは私だけでしょうか?

次回からは、最終準備書面の掲載を始めます。
かなりてんこ盛りです。
原告側の書面だけでも160ページ以上あります。

あと80日ちょっとでなんとか全文掲載できるように頑張ります。

これからも後藤徹氏を応援してくださいね!!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村

2013-09-25(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様&よろしく 

お疲れ様でした。
これだけ膨大な尋問録をアップするのは、さぞかし大変だったことでしょう。
12月17日の判決の日、後藤徹さんの無念が晴れ、支援する会の皆様のご苦労が報われますことを心からお祈りいたします。

前々回の記事で、初日にベランダから逃げた信者について、宮村が、監禁されてなかったから逃げられたんだ(監禁ではない証拠)、みたいなことを言っていましたが、よくよく考えてみると、それは、徹さんが12年も出られなかった理由は「監禁されていたから」ということになりますね。

判決では、監禁の事実が認定されることを信じます。

お疲れ様と言っておきながら何なんですが、最終準備書面の掲載、心から楽しみにしてま~す。
2013-09-26 08:18 | みんな | URL   [ 編集 ]

お疲れ様です!! 

原告勝訴を確信する!!拉致換金失礼拉致監禁をビジネスにして幅をきかせる時代は終焉を迎え、長いトンネルを抜けると明るい陽射しが射し込んでいた。後藤殿お疲れ様でした。勝訴して2020年に向け新しい出発を懇切に乞い願う!!

祈り
2013-10-10 04:52 | 勝訴 | URL   [ 編集 ]

アクセスカウンター
プロフィール
拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会
世話人:宿谷麻子 <2012年10月15日逝去>
(強制脱会者)
世話人:koyomi
(強制脱会者)
世話人:小川寿夫
(自主脱会者)
世話人:yama
(強制脱会説得体験者。教会員)

連絡先:gotosaiban-contactus@yahoo.co.jp

応援のクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
重要なお知らせ

当ブログはリンクフリーです。
 

最新記事
最新のコメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。