スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

宮村氏答弁書(5)

宮村氏の答弁書もいよいよ最後である。長々と統一教会敗訴の判例と、教会員らが起こした事件の事例が続いた。よく読むと後藤氏の拉致監禁とは無関係に思えるものばかりである。この点については別にポイント解説、世話人のつぶやきなどのカテゴリーを設けて、適宜視点を説明することとする。

宮村氏答弁書述書の構成 (平成23年3月22日作成)
陳述書の構成 (08年4月2日作成)
第1 請求の趣旨に対する答弁
第2 請求の原因に対する認否
第3 被告宮村の主張
統一協会の責任を認めた判決の概要
 1 福岡地方裁判所平成6年5月27日判決~1 4 (1)新潟地方裁判所平成14年10月28日判決
 15 大阪高裁平成15年5月21日判決~21 福岡地方裁判所平成22年3月11日判決
統一協会信者に対する刑事手続事例
 1.監禁致死外 大阪地方裁判所~20.特商法違反 2007 (平成19)年10月から12月
 21.特商法違反 2008(平成20)年2月12、15日~32.特商法違反 2010(平成22)年7月1日
青印が今回アップしたもの



21.特商法違反 2008(平成20)年2月12、15日
  新聞報道などによる
  松本市両島の有限会社(煌健舎こうけんし々)」の販売員5人、□(63)、□(45)、□(56)、□(52)らが特定商取引法違反(06年8月から07年3月の間、客の不安をあおって悪い運気を良くするためなどとして高額の印かん等を4人に売った)容疑で逮捕され、その後罰金刑に処せられた。
22.薬事法違反 2008(平成20)年2月17日
  新聞報道などによる
  さいたま市の株式会社アイジェイヘルシーフーズに、人参濃縮液販売について薬事法違反の容疑で家宅捜索が行われた。
23.住居侵入 2008(平成20)年2月18日
  新聞報道などによる
  統一協会が訪問販売による募金活動による資金集めを行うダミーの団体であるSHINZEN(しんぜん会)の事務所に、信者の男がマンションに住居侵入した容疑で家宅捜索が行われ、容疑者(23才・男)は罰金刑に処せられた。
24.薬事法違反 2008(平成20)年9月26日
  刑事記録のほとんどを保有
  大阪府の有限会社ファミリーネットワークの社長□(37)と□(36)、□(48)の3名が、「絶対にがんが治る」などと効能をうたって高麗人参茶を販売したとして薬事法違反の容疑で逮捕された。同日統一協会貝塚教会などにも強制捜査された。会社と□が100万円、他の2人が70万円の罰金刑となった。
25.特商法違反 2008 (平成20)年11月-2009(平成21)年3月
 (1)新潟市の株式会社「北玄(ほくげん、旧ケンコー)」社長□(50)と従業員2人□(47)、□(51)が、「不幸が来る」などと執拗に述べて水晶の購入契約を結ばせたとして特定商取引法違反(威迫・困惑、不備書面の交付)の容疑で、2008年11月27日逮捕された。これら3名は、同年12月17日、2人が50万円、1人が40万円の罰金刑に処せられた。新潟簡裁で認められた。
 内容は、同円6月20日、女性客(77)に約3時間半にわたって装飾品の購入を執拗に迫った件と、同年10月15日、女性客(67)を家庭運がないなどと脅して数珠の購入を迫ったというもの。
 (2)翌2009年2月4日にも「北玄」の販売担当者□(56)と□(54)が同種容疑で逮捕され、3月17日、いずれも40万円の罰金刑に処せられた。
  両名は、「あなたの運勢は強いが、家相は前の所有者の影響で気の流れが悪くなっている。今のままでは病気になってしまう。夫も健康を害して会社を続けられなくなり、大変なことになる」等と脅かして水晶玉の購入を迫ったというもの。
26.特商法違反 2008 (平成20)年12月-2009年5月
  福岡市の有限会社サンジャスト福岡(代表取締役□、旧幸運堂)が、2008年12月18日、「先祖の霊があなたの人生を悪くしている」「購入しなければ地獄に落ちる」などと不安をあおって、水晶の玉や彫刻など600万円以上の商晶を買わせたとして特商法違反(威迫・困惑)、容疑で家宅捜索を受けた。2009年5月7日、□(61)が2009年5月7日逮捕された。同日統一協会福岡中央教会などにも強制捜査がされた。□とサンジャスト福岡は同年5月28日特商法違反で罰金50万円の刑に処せられた。
27.特商法違反 2 00 9 (平成21)年2月-11月
 (1)200 9年2月101ヨ、渋谷区渋谷1丁目に本店登記のある霊感商法の会社有限会社「新世」(しんせい)の事務所や同社代表取締役□の自宅などに強制捜査がなされた。更に6月2日、統一協会渋谷教会等に、6月11日に同じく豪徳寺教会等に強制捜査がなされ、同日新生(原文まま)の社長□(51)、営業部長□(40)の外実行犯の女性6人が逮捕された。7月1日、実行犯5人が各100万円の罰金刑を課され、□、□両名と「新生」を正式起訴した。いずれもことさら不安をあおって印鑑等を売りつけた特定商取引法違反。
 (2)刑事裁判は同年9月10日、10月5日、13日、22日、27則こ公判があり、11月10日に判決が下された。「新世」は罰金800万円、社長□は懲役2年罰金300万円、営業部長□は懲役1年6ヶ月罰金200万円、二人は共に執行猶予4年。判決は物品販売は統一協会の組織活動の一環であると認定した。
28.公選法違反 2009(平成21年)9月-12月
  衆院選大阪2区で当選した民主党の萩原仁氏の支援者で不動産会社経営の統一協会古手信者6000双の□(56)容疑者(元阿部令子秘書)が、公選法違反(買収、事前運動)容疑で9月5日逮捕され、9月25日に再逮捕された。逮捕容疑は公示前の6~8月にかけ、大阪市内で女性運動員らに対し、萩原氏への投票を電話で呼び掛ける活動の報酬として現金を渡した疑い。9月5日の逮捕容疑は同月25日に起訴され、12月11日懲役1年6ヶ月執行猶予5年の判決が下された。萩原氏の選挙運動については、別の統一協会信者も9月16日公選法違反容疑で逮捕され、10月6日略式起訴され罰金に処せられた。
29.特商法違反 200 9 (平成21)年9月-10月
  大阪府=の株式会社共栄の従業員ら□(68)と□(39)、□(4り)、□(49)の4名が、「息子の命がとられるかもしれない」などと迫り印鑑などを販売したとして特商法違反(威迫・困惑)の容疑で9月28日に逮捕されるとともに、共栄本社の外統一協会吹田教会などが強制捜査された。10月16日に、2人が100万円、他の2人が70万円の略式裁判により罰金刑となった。
30.特商法違反 2009 (平成21)年10月-11月
  和歌山県の販売会社「エム・ワン」従業員の□(52)と□(71)及び店長□(45)の3人が、「運命を変えるためには印鑑を作ること」などと迫り印鑑を購入させたとして特商法違反(威迫・困惑)の容疑で10月20日、逮捕された。また同日「エム・ワン」と統一協会和歌山教会など和歌山市内6か所の家宅捜索を受けた。11月9日「エム・ワン」と店長は100万円、鑑定士役(説得)の□は70万円、販売員の□は50万円の各罰金となった。
31.特商法違反 2010(平成22)年1月、2月
 (1)大分県警は、2009年12月18日、統一協会大分教会などを強制捜査するとともに、1月19日、大分天一堂の販売員□(51)と□(53)の信者夫婦2人を逮捕。「先祖の災いで家が絶える。印鑑を作れば守られる」などと44才の女性や50才代の夫婦を威迫・困惑させて印鑑セットの契約をさせた疑い。両名は2月11日付で各50万円の罰金刑に処せられた。
 (2)同県警は1月19日、別件で由布市の40才代の女と倉敷市内の女が、大分市内の54才の女性に「奥さん名前の画数が良くない。大凶ですね」などと不安をあおり、印鑑を買うよう迫った疑いで、販売会社「サンハート健美」や統一協会大分教会など6ヶ所を家宅捜索した。そのうえで、3月4日、「聖和」の元販売員□(57)と□(48)の信者2名が逮捕勾留され、罰金刑に処せられた。
32.特商法違反 2010(平成22)年7月1日
  東京都町田市の販売会社「ポラリス」の従業員□(31)を、特商法違反で逮捕した。夫の癌再発で不安にかられた女性に対して、「先祖の協助で病気がよくなる。鑑定をしてあげる。」と告げて、販売目的を隠したまま店舗に誘い40万円の念珠購入の勧誘をしたとして、7月23日略式罰金となった。
2011-04-30(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

オンパレード 

大変な、教団判決オンパレードだね。中には、個人の問題ではないかと思えるのもあるけれども、これだけのことを並べられて、教団側は何も思わないのかね。これまでの会長ら歴代教団首脳部は雁首並べて、もう一度記者会見開いて、総ざんげすべきだね。
2011-05-03 12:30 | 神出鬼没 | URL   [ 編集 ]

いやいや、この時期に総ざんげなんて 

神出鬼没さん

>これまでの会長ら歴代教団首脳部は雁首並べて、もう一度記者会見開いて、総ざんげすべきだね。

いやいや、君には、それが宮村陣営の戦略がということが見えていないようだ。

もちろん、気持ちとしては、私も痛切にそう感じる。いつか必ずそれはやらなければならないことだ。

が、時機が問題だね。この時期に、みんな総ざんげしたら、宮村陣営の人たちは皆笑い転げると思うよ。それ、やっぱり宮村答弁書は正しかっただろうと。

動機としては君の意見に同意するが、時機が悪いね。
2011-05-03 13:43 | 川北 広 | URL   [ 編集 ]

No title 

統一教会のこれらの事件をひきおこした人は、判決をうけ、被害者は、納得いく額が返済されている。ところで、宮村の悪事のほうが、悪辣ではないか。無抵抗の人にたいして、精神的暴力、肉体的暴力、棄教をせまる脅迫、監禁、家族からお金を強制没収。彼らは、今も苦しんでいる。統一教会の物販の被害者は、返済により、決着がついている。しかし、宮村陣営は、宮村による被害者にたいして、どのように、決着をつけようというのか。判決だけでは、すまされないものがある。
2011-05-03 21:55 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

もう一段の反省を願う 

yuriko bohle 様
> 統一教会のこれらの事件をひきおこした人は、判決をうけ、被害者は、納得いく額が返済されている。ところで、宮村の悪事のほうが、悪辣ではないか。

確かに、教団の事件の方は、前会長が謝罪会見を開き、その後そうした事件は鎮静化に向かっているようにも見えます。が、世間の信頼を得るには、前会長の会見のような、「この人が悪いことをしたのは私の責任です」などという悪事なすりつけの会見ではなく、真摯なお詫びが必要なのではないでしょうか。

方や、宮村氏側には、教団がどのような不祥事を犯したとしても、教団員を拉致監禁してもいいという理由にはならないわけですから、きちんと詫びていただかなければなりませんね。



無抵抗の人にたいして、精神的暴力、肉体的暴力、棄教をせまる脅迫、監禁、家族からお金を強制没収。彼らは、今も苦しんでいる。統一教会の物販の被害者は、返済により、決着がついている。しかし、宮村陣営は、宮村による被害者にたいして、どのように、決着をつけようというのか。判決だけでは、すまされないものがある。
2011-05-04 00:29 | 川北 広 | URL   [ 編集 ]

No title 

17日の公判まで、2週間足らずですね。内的には、すでに勝利してます。がんばってください。宮村側の”変”な2項目について。”原告が居座り続けた”。正常な人間が、12年5ヶ月もの間、外界と遮断された(通信関係、人間関係もストップされた)環境の中に、居すわりつづけられるか。異常な人間でもできないことである。動物でも不可能である。よくもこんな、非道な発想をするものだ。後藤さんの件は、教会の拉致監禁キャンペーンだというのか。生命を危険にさらすような拉致監禁を、どこの宗教団体が実践するというのか。統一教会が信者を生命の危険にさらすとでもいうのか。教会の目的は、救いにあるのである。こんな非常識な考えを、堂々と提示するとは、あきれてものが言えない。ところで、この裁判をとおして、勝利しなければならないことは、後藤氏が何度も訴えているように、信教の自由と、基本的人権である。”信教の自由は、何人に対しても保障する”ということが、確実に守られていたならば、こんな悲劇はおこらなかったのである。また人々の宗教に対する認識度や宗教者の人格の向上も願われる。
2011-05-04 15:28 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

もし仮に後藤さんの意思による12年5ヶ月の引きこもりなら・・・ 

yurikoさん、はじめまして。世話人の1人のkoyomiです。私は統一教会に対しても拉致監禁に対してもノーの立場です。後藤さんに対する12年5ヶ月に及ぶ監禁は許してはおけないと思い、裁判を応援してます。
yurikoさんがおっしゃるように、普通の感覚なら12年5ヶ月も外界と遮断された環境に居座り続けることはできないです。もし、後藤さんが自分の意思で引きこもり続け、家族がそれに巻き込まれた(付き合わされた)のなら、下記の疑問が出てきます。
①何故、自宅ではない別のマンションで引きこもっていたのか?新潟→荻窪の移動を引きこもり青年が自分の意思で行うか?
②兄の引きこもりに、妹が仕事、結婚、友人との付き合いetcを犠牲にして、マンションに一緒に引きこもっていたのは何故か?
③30代の青年が自らの意思で自宅外で引きこもっているなら、家族は放っておくか、たまに様子を見に行くだけでいいと思う。常に誰かが付き添わなければいけないという状況というのなら、心身に明らかに異常をきたしている状態と思われる。それなのに、何故、病院に連れていかなかったのか?
④30代の青年が長期間引きこもっていたら、家族はいてもたってもいられない心情だろう。いくら世間体を考えて、隠そうと考えても、期間が長すぎる。家族も精神的にへとへとになる。どこかにSOSを出したり、しかるべき場所に相談にいかなかったのか?
⑤自ら12年5ヶ月も引きこもっていた青年が、アメリカまで行って演説したり、ビラ配りをしたり、あれほど精力的な活動ができるのだろうか?

もし、宮村氏が言うように、12年5ヶ月後藤さんが自ら閉じこもっていて、業を煮やした兄が追い出したというなら、上記①~⑤をはっきりさせて欲しいです。
2011-05-04 21:09 | koyomi | URL   [ 編集 ]

先のコメントの一部訂正 

③と④の内容が一部矛盾しているような表現となっているため、訂正させていただきます。

③30代の青年が自らの意思で自宅外で引きこもっている状態に、家族も常時一緒にいる必要があるのか?常に誰かが・・以下は同文。
2011-05-04 22:37 | koyomi | URL   [ 編集 ]

不思議な話 

 ちょっと話がズレてしまいますが、刑事事件の記録を読んで、何かが抜け落ちているような感じがしてなりませんでした。

 記憶をたどろうとしたら、すぐに、あの事件のことが書かれていないことに気がつきました。
 そうです。宇佐美さんのストーカー事件です。

 宇佐美さんは逮捕され、起訴され、今は東京拘置所にいます。
 逮捕のニュースは全国紙に載りました。

 宮村答弁書を書いた山口弁護士は忘れてしまったのでしょうか。
 それは絶対にあり得ません。

 なぜなら、山口氏はストーカー事件として告訴した人の代理人となっているし、そればかりか、逮捕食後に、山口弁護士はわざわざ記者会見を開いたほどですから。忘れるわけがありません。


 ではなぜ、答弁書に宇佐美さんの逮捕・起訴事件を書かなかったのか。
 考えられるのは、告訴内容が虚偽であり、宇佐美さんを嵌めたという意識があったからということです。後ろめたい気分があったから、載せなかった。

 ひょっとすれば、裁判で無罪判決が出る可能性もあり、もしそうなれば、後藤裁判で不利になることを心配したのかもしれません。

 いずれにしても、答弁書にストーカー事件のことを載せなかったのは、明らかにヘン!です。






 
2011-05-05 14:23 | 米本 | URL   [ 編集 ]

掲載すると名誉棄損の可能性は? 

米本さん
宇佐美さんの件を載せなかったのは、まだ刑が確定していないからではないでしょうか。

刑がまだ確定していないものを掲載すると、下手をすると名誉棄損で訴訟を起こされ、敗訴。今回の裁判に甚大な影響を及ぼす可能性があると考えたからでは?
2011-05-05 16:20 | 川北 広 | URL   [ 編集 ]

RE<掲載すると名誉棄損の可能性は? 

川北さんへ

 それはないと思います。逮捕、起訴までは事実だから、名誉毀損の訴えを起こすことはできません。
2011-05-05 20:30 | 米本 | URL   [ 編集 ]

No title 

宮村は宇佐美さんの婚約者も、拉致、棄教強要させているので、宇佐美さんのことを書いて、背後関係を調べられたら、まずいのだろう。後藤さんの告訴に対して、ウソで、自分の立場を正当化している宮村陣営は、焦っているとしか思えない。裁判に臨む姿勢として、”この証言にウソ、偽りはないか” と問われるだろう。後藤陣営は、裁判に対する目標が、はっきりしている。信教の自由と、基本的人権を勝ち取ることである。これは、単に、後藤氏のみならず、過去に拉致された多くの人々、また、統一教会員に限らず、国内外において、人間が、自由に幸福に生きる権利があることである。彼が12年5ヶ月に体験したことは、人権侵害、人権蹂躙であることは、まちがいない。踏んだ者と踏まれた者の違いで、宮村は踏んだほうだから、その痛みが、わからないのだろう。精神の自由、身体の自由を奪われたのである。身体の自由(奴隷的拘束)憲法に書いてある。後藤氏が勝利することは、彼だけの勝利では、ない。過去のすべての人々を束ねて、また、将来への保障につながるのである。ところで、宮村が勝利したら、さらに、統一教会員を拉致監禁しつづけるつもりなのか。非常識と人権蹂躙は、神と人々がゆるさない。
2011-05-06 15:37 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

No title 

あと、1週間ですね。健康に気をつけておすごしください。
み言は、どんな時も励みになります。”涙と血と汗が我々の武器である” ”私が堂々と生きて、堂々と最後を結ぶことは、ほかの何を得るよりも大きく、他の何を失うよりも貴いのである” ”私たちの戦いは、、、、悪の霊に対する戦いである、、、、すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、平和の福音の備えを足にはき、その上に信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。我々は、原理という貴い真理を知っているし、平和の王であられる真の父母を知っている。善と悪の戦いで、どちらが勝利するかは明白である。
2011-05-08 15:09 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-11 13:43 |  |    [ 編集 ]

もうすぐ第二回口頭弁論 

17日の第二回口頭弁論が近づいてきました。場所は先回と同じ東京地裁709号法廷。開廷時刻は13時半。先日、こちらの証拠を提出しました。私だけでなく、世に埋もれている多くの拉致監禁被害者の皆さんの苦悩を思うと闘志で血がたぎってきます。法廷にて真実と正義を明らかにし、勝利を勝ち取るべく闘うのみ!
2011-05-13 00:25 | 原告 後藤徹 | URL   [ 編集 ]

No title 

そうです。We are Victor, not Victim.(犠牲者ではなく、勝利者)人は、悪をもって堅く立つことはできない。正しい人の根は動くことはない。正しい人の考えは公正である。悪しき者の計ることは偽りである。悪しき者のことばは人の血を流そうとうかがう。正しい人の口は人を救う。真実を語る人は正しい証言をなし、偽りの証人は偽りを言う。悪をたくらむ者の心には、あざむきがあり、善をはかる人には、喜びがある。正義の道には、命がある。恐ろしい人とは、神様と抱いて耐え忍ぶ人である。患難は忍耐を生み出し、忍耐は練達を生み出し、練達は希望を生み出す。希望は失望に終わることはない。この裁判に勝利して、何十年もの間、彼らの悪行の犠牲になって、苦しんでいる人に希望を与えてくだい。
2011-05-13 07:40 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

No title 

兄、兄嫁、妹の答弁書について。後藤氏の証言と全く食い違っている。時間性空間性も矛盾だらけ。背後の首謀者が捏造しているのだろう。後藤氏が対峙するのは肉親である。互いに向き合う彼らの心情はいかばかりであろう。宮村の拉致監禁行為は、家族を分裂させ、闘争させ、破壊するものである。拉致監禁していないだと;4300人の真実の証言があるし、手口が同じである。マニュアルさえも見つかっている。棄教強要していないだと;教育も教養もある一社会人を1週間もホテルに閉じ込め、統一教会に関わり続けることの問題に気づいてほしいとかなんとかことば巧みに書いてあるが、強制的に干渉していること自体棄教強要である。後藤氏の命がけのハンガーストライキに対して、宗教的意義で彼が勝手にやったように書いてあるが、21日、30日断食を行うということは、命がけである。命がけでやらなければならない理由がそこ(監禁されているからである)にあるからである。3人の女性の身長体重など書いて、後藤氏が彼らと格闘でもするというのか。ばかげた発想である。南京錠や複数の鍵をつけ、それでも信仰を貫く後藤氏の姿に、彼らは、殺意すらもったではないか。最後はマンションを出て行くように述べたー彼らの答弁は後藤氏がいすわり続けた、と言っているのである。それならば、出て行くのは、彼の意思次第である。心身共にズタズタにして、放り投げたのではないか。矛盾だらけの答弁書である。ウソばかりの捏造である。宮村は、すべての元信者を開放すべきである。宮村陣営に対する請求、2億円ぐらいで済まされるものではない。人の命は、どんなものより尊いのである。家族が絆を取り戻すために、兄、兄嫁、妹、母が解放されるためにも、後藤氏は勝利しなければならない。
2011-05-13 21:50 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

No title 

あと、2日ですね。勝利のみ言を送ります。Commit to the Lord whatever you do, and your plans will SUCCEED.(あなたのなすべき事を、主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計るところは必ず成る)In all things we are more than CONQUERORS through Him who loved us.(私たちを愛して下さったかたによって、私たちは、これら全ての事のおいて、勝ち得て余りある)Today you are going into battle against your enemies. Do not be fainthearted or afraid, do not be terrified or give way to panic before them.For the Lord your God is the one you who goes with you to fight for you against your enemies to give you VICTORY.(あなたがたは、今日、敵と戦おうとしている。気おくれしてはならない。恐れてはならない。あわててはならない。彼らに驚いてはならない。あなたがたの神、主が共に行かれ、あなたがたのために、敵と戦って、あなたがたを救われるからである) 歴史において、最もひどい拉致監禁と拷問をされたのが、文先生であられます。宮村や有田、反対牧師ら、統一教会と文総裁をつぶしたいようだが、総裁を誰だと思っているのか。全てに勝利された文総裁の弟子であり、むすこである後藤氏も勝利するのである。
2011-05-15 15:42 | yuriko bohle | URL   [ 編集 ]

アクセスカウンター
プロフィール
拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会
世話人:宿谷麻子 <2012年10月15日逝去>
(強制脱会者)
世話人:koyomi
(強制脱会者)
世話人:小川寿夫
(自主脱会者)
世話人:yama
(強制脱会説得体験者。教会員)

連絡先:gotosaiban-contactus@yahoo.co.jp

応援のクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
重要なお知らせ

当ブログはリンクフリーです。
 

最新記事
最新のコメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。