スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

後藤徹氏陳述書(1)

後藤徹氏陳述書(1)
5月17日、第2回の公判が開かれた。その時に提出された書面の掲示に入る。拉致監禁という暴力を伴う統一協会からの脱会説得(推進派は「保護説得」と呼称している)は、初めて読む方には分かりにくい部分もあるかと思われる。適宜注釈を付け、脚注で解説する。また、提出書類にはないものの、理解の為に必要に応じて記した部分については、斜体で表示する。このページから先に目にした方は、後藤徹氏の訴状(1)後藤徹氏の訴状(2)後藤徹氏の訴状(3)、およびポイント解説世話人のつぶやきに目を通されることをお勧めする。量的に少しうんざりする向きもあるかと思われるが、何が争点になっているのかを念頭に読まれると、原告陳述書の意図するところが理解できるはずだ。
また拉致監禁を伴う脱会説得全般に関しては、ルポライター米本和広氏のブログ「火の粉を払え」、および宮村峻氏を研究した専門ブログ「統一教会脱会請負人・牧師『宮村峻・高澤守』研究」を必読ブログとして推薦する。

といういうことで、今回は、本訴訟の主人公、後藤徹氏の陳述書である。これが本訴訟で一番注目される陳述書である。長文なので、数回に分けて連載する。

後藤徹氏陳述書の構成
1.略歴
2.統一教会への入会
3.第1回目の監禁

4.第1回目の監禁から脱出後の経緯
5.第2回目の監禁(今回)
(1)新潟のマンション(パレスマンション多門607号室)での監禁
(2)東京のマンション(1カ所目・荻窪プレイス605号室)での監禁
(3)東京のマンション(2カ所目・荻窪フラワーホーム804号室)での監禁
(4)宮村等による脱会説得
(5)ハンガーストライキの決行(第1回目21日間)
(6)ハンガーストライキの決行(第2回目21日間)
(7)ハンガーストライキの決行(第3回目30日間)
(8)監禁からの解放
6.入院後の経緯
7.最後に
青印が今回アップしたもの


続きを読む>>

スポンサーサイト
2011-05-29(Sun)
 
アクセスカウンター
プロフィール
拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会
世話人:宿谷麻子 <2012年10月15日逝去>
(強制脱会者)
世話人:koyomi
(強制脱会者)
世話人:小川寿夫
(自主脱会者)
世話人:yama
(強制脱会説得体験者。教会員)

連絡先:gotosaiban-contactus@yahoo.co.jp

応援のクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
重要なお知らせ

当ブログはリンクフリーです。
 

最新記事
最新のコメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。